ニキビ跡を治す方法について

色素沈着型のニキビ跡を治す

見た目には、ニキビ跡のように見えなくても、実際には非常に厄介な「色素沈着」型のニキビ跡。
放っておいては、シミやそばかすの原因になる事もある、このケースのニキビ跡は早めにケアをする必要があります。

 

しかし、事、色素沈着型のニキビ跡を治すと言うと、
レーザーや、ピーリングによる治療が必要、と言う事になってしまうのでは??と思っている方も多いのではないでしょうか??

 

病院に通うほどの事でもないからと、ニキビ跡を放っておいてしまったのでは、遅かれ早かれ、それはシミ・そばかすに変化していってしまいます。

 

もう一度、スッピンで自身を持って外を歩きたい、
そうした願いを持つ人の為に、自宅で出来るニキビ跡を治す方法を調べてみました。

 

 

【ストレスを溜めない】
実は思春期ニキビと違い、大人になって出来る「大人ニキビ」の出来る過程で大きな要因となるのがストレス。

 

ニキビの出来やすい方でなくても、睡眠不足や、仕事が忙しかったりと、ストレスがたまってしまうと、吹き出物が出来てしまう、と言う経験をされた方は多いのではないでしょうか??

 

肌の再生である、ターンオーバーと言うものは、やはり年齢とともにその力が衰えてしまいます。
そしてストレスなどの心理的要因によっても、恐ろしいほどに、肌のターンオーバーを低下させる要因になります。

 

そうして毛穴に溜まった皮脂が、上手に分泌されなくなってしまい、皮脂が大好物であるアクネ菌によって、ニキビが出来てしまう。
以上は、大人ニキビの出来るメカニズムですが、
ニキビが治ったその後の、ニキビ跡のケアに対しても、やはり肌のターンオーバーとは重要なファクターになります。

 

最初は、色味がなく、ぽこっとしただけであったニキビが、
赤みを帯び、さらには黒く変色してニキビが治った後も色素が沈着してしまう。

 

肌に、一度色素が沈着してしまうと、もはやそのニキビ跡を治す為には「肌そのものを生まれ変わらせる」しかありません。

 

ですので、レーザー治療や、ピーリングなどの医療行為が必要!と考えておられる方も多いのですが、
肌には、そもそも自分で肌を再生する力「ターンオーバー」があります。

 

しかし、ストレスがかかって、ターンオーバーの力が弱くなってしまっていては、肌の再生力も弱くなってしまいます。

 

 

ニキビ跡を治す、肌そのものの再生能力を発揮させて行く為には、ストレスを溜めない事!それが何よりも重要な事なのです。